投稿日:2023年9月27日

知りたい!外壁の色で断熱性は変わるの?

こんにちは!大阪府藤井寺市を中心に松原市などの大阪府内をはじめ、近畿一円で活動しております株式会社アーキリペイントです。
弊社は外壁塗装や屋根塗装など建物の塗装に関する全般を手掛けている塗装業者です。
今回は外壁塗装の塗り替えや新築時の外壁の色でお悩みの方向けに、外壁の色で断熱性は変わるのかについてご紹介したいと思います。

外壁の色と断熱性

戸建ての外観の様子
外壁の色は、淡色と濃色では淡色より濃色の方が太陽の熱を吸収しやすい傾向があります。
なぜなら、濃色の方が外壁の表面温度が高くなるからです。
例えば、黒色の外壁だった場合、白色の外壁よりも表面温度が15度から25度高くなることもありますが、必ずしも室内温度が高くなるとは限りません。
壁に断熱材を使用している場合は室内温度が高くなることはありませんが、断熱性の悪い壁であれば、室内温度が高くなることもあります。
そのため、断熱性の高い家であれば外壁の色は何色にしても問題は無いということです。
昔の家と比べて、最近の家は断熱性に優れていますので、新築時の外壁の色で悩まれている方は濃色だと室内温度が上がる心配はなくなるといえるでしょう。

断熱塗料

断熱性の悪い家であれば、外壁や屋根に断熱塗料を検討してみましょう。
断熱塗料は太陽光の赤外線を防ぐ役目があります。
太陽光には紫外線や可視光線、赤外線などがありますが、熱を伝えるのは赤外線です。
その赤外線からの熱を伝えにくくすることで、室内の温度が上がるのを防ぎます。
「最近エアコンの調子が悪いわけでもないのに効きが悪いな」と思われた場合は、断熱性のある塗料を塗り替えることも検討してみてください。
通常の塗料に比べると耐用年数も長く、冷房費も節約することができるため、トータルで考えるとコストパフォーマンスが良いといえます。
外壁を塗り替えるタイミングであれば、ぜひ断熱塗料の塗り替えも検討してみてください。

アーキリペイントへご相談ください!

キーボードとアイコン
大阪府藤井寺市で各種塗装を承っている株式会社アーキリペイントでは、塗り替えから改修・補修工事、アフターフォローまで、お客様の幅広いご依頼に対応しております。
業歴15年以上の代表をはじめ、熟練のスタッフが丁寧に施工いたします。
お客様のご要望に最大限でお応えできるよう、全力で業務に取り組んでおりますので安心してご依頼ください!
ご相談・お見積りは無料で承っております。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

株式会社アーキリペイント
〒583-0008 大阪府藤井寺市大井3丁目12-6-3F
FAX:072-927-9165

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

株式会社アーキリペイントの強みを解説いたします!

株式会社アーキリペイントの強みを解説いた…

こんにちは! 株式会社アーキリペイントです。 弊社は大阪府藤井寺市を拠点に、松原市をはじめ一円にて近 …

堺市のマンション塗り替えさせて頂きました。

堺市のマンション塗り替えさせて頂きました…

施工前施工後 …

戸建て住宅にお住まいの方必見!外壁の塗り替えのタイミングとは

戸建て住宅にお住まいの方必見!外壁の塗り…

「外壁の塗り替えのタイミングっていつなの?」 そう思っていらっしゃる方も多いかと存じます。 今回は、 …